クレジットカードの付帯保険で重要なのは…

付帯保険でクレジットカードを選ぶ
2.付帯保険はココを見る

ホーム
年会費無料クレジットカード
一般カード
学生専用クレジットカード
女性専用クレジットカード
ゴールドカード
スピード発行クレジットカード
ショッピングクレジットカード
旅行のクレジットカード
インターネット/通信

ホーム>クレジットカードの選び方>付帯保険はココを見る

自動で付帯される付帯保険には、【海外/国内旅行傷害保険】の場合、死亡・後遺障害で○千万円、傷害・疾病による治療費で○万円という表示がよくあります。


このような表記の場合、死亡・後遺障害の最高額○千万円という箇所に目が行ってしまいますが、重要なのは傷害・疾病による治療費です。この傷害・疾病による治療費の保険金額はカード会社によってかなりの差があるからです。

また、保険を適用する可能性が高いのも傷害・疾病による治療費ではないでしょうか。例えば、観光で歩きすぎて靴ずれを起こした場合もこの治療費に含めることが出来ます。


この傷害・疾病による治療費は各社様々な補償額で、基本的な一般カードでは、50〜200万円とかなりの開きがあります。

仮にあなたが海外で病気を患ったとし、治療費が100万円必要だとします。保険金額が200万円に設定されているクレジットカードでは十分事足りますが、50万円しか設定されていないクレジットカードでは残りの50万円は実費ということになります。


クレジットカードは年会費に大差はなくても保険金額に差が出ることがあるので、「傷害・疾病による治療費」は注意深く確認されることをお勧めします。


次に、保険金の支払い例をご紹介します。

◆ A社のクレジットカードを一枚持っていた場合
死亡・後遺障害 治療費用 携行品の損害
A社カード 3000万円 200万円 100万円

上記の保険金額が適用されます。
A社のクレジットカードを複数枚持っていたとしても、上記の保険金額が適用されます。しかし、異なる会社のクレジットカードを別に持っていた場合はどうなるでしょうか。


◆ A社とB社のクレジットカードを持っていた場合
死亡・後遺障害 治療費用 携行品の損害
A社カード 3000万円 200万円 100万円
B社カード 2000万円 200万円 50万円


支払われる保険金額は次のようになります。
死亡・後遺障害の保険金額は、A社とB社のカードの最も高い限度額分を両者で分担します。死亡・後遺障害以外の保険金額は、合算されます。

死亡・後遺障害
(3000万円)
治療費用
(300万円)
携行品の損害
(30万円)
A社カード 1800万円 150万円 20万円
B社カード 1200万円 150万円 10万円


3. 付帯保険が揃ったカードへ≫



クレジットカードの選び方




ブックマークに投稿する:

年会費無料 一般カード 学生専用 女性専用 ゴールドカード スピード発行 ショッピング 旅行 カーライフ インターネット・通信
クレジットカード 比較 | 免責事項
[PR]審査 甘い 消費者金融まとめ ローン
Copyright 2004-2005© 厳選!クレジットカード All rights reserved.