海外旅行に保険は必須ですが…

クレジットカード付帯海外旅行保険の欠点

ホーム
年会費無料クレジットカード
一般カード
学生専用クレジットカード
女性専用クレジットカード
ゴールドカード
スピード発行クレジットカード
ショッピングクレジットカード
旅行のクレジットカード
インターネット/通信

ホーム>海外旅行編>クレジットカード付帯海外旅行保険の欠点

海外旅行は誰しも開放感に浸り、日頃の疲れを癒したいもの。
しかし、右も左もわからない見知らぬ土地では、どんな事件や事故に巻き込まれるかわかりません。
そのような「もしも…」の不安を取り除いてくれるのが、海外旅行傷害保険です。


クレジットカードの海外旅行傷害保険は自動で付帯されるものなので、コレを使わない手はないですよね。一般カードやゴールドカードでは、カード会員になると同時に特典として付いてきます。

わざわざその都度、保険料を支払わなければならない保険会社の海外旅行傷害保険を掛けなくても済みます。


このようにクレジットカードの付帯保険は無料で受けられるというメリットがありますが、はたしてクレジットカードの付帯保険だけで十分でしょうか。

クレジットカードの海外旅行傷害保険だけで済ませようと考えている人は、以下に挙げるデメリットをご覧になってからでも遅くありません。


◆補償額が低い

無料なので仕方が無いのかもしれませんが、疾病治療費などは最低200万円の補償額は必要です。高額な医療費を請求する国(アメリカ、ヨーロッパなど)では、盲腸の手術だけで200万円を軽く超えたりします。


◆疾病死亡がない

傷害で亡くなられた場合は補償されますが、病気では補償されません。そこまで心配する必要はないのかもしれませんが、万が一を考えるのであれば疾病死亡も掛けておきたいところ。別に生命保険を掛けているのであれば、問題ありません。


◆自己負担額が設定されている

「携行品の損害」は、自分負担額3,000円を設定しているカード会社が多いです。たかが3,000円ですが、3,000円もあればバラ掛けで保険会社の保険料(7日分)を支払えます。


◆対象期間は90日(3ヶ月)

一回の海外旅行につき、保障される期間が定められています。たいていが90日間と設定しているので、90日以上の長期のご旅行には向いていません。


◆旅費をカードで支払わなければならない

一部のクレジットカードには、航空券や空港までのバス、タクシー等をカードで支払わないと海外旅行傷害保険が付帯されないというものがあります。ほんの一部ですが、詳しくはお持ちのカード会社にお問い合わせくださいね。


◆細かい保障が無い

細かい保障とは、例えば航空機や手荷物の遅延です。仮に台風やその他災害で飛行機が飛べない場合、余分に宿泊しなければなりません。この間のホテル代や食事代まで自己負担となると、大きな痛手になります。


以上がクレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険のデメリットです。
すべてのクレジットカードが上記に当てはまるわけではないので、詳しくはカード会社にお尋ねくださいね。
また、海外旅行に慣れている方やゴールドカード保有の方は、カード付帯保険だけでも十分でしょう。


3. 海外旅行保険はカード付帯 or 保険会社で加入?へ≫



海外旅行編




ブックマークに投稿する:

年会費無料 一般カード 学生専用 女性専用 ゴールドカード スピード発行 ショッピング 旅行 カーライフ インターネット・通信
クレジットカード 比較 | 免責事項
[PR]審査 甘い 消費者金融まとめ ローン
Copyright 2004-2005© 厳選!クレジットカード All rights reserved.